認知症の予防と発見

認知症の予防については、さまざまな方法が紹介されていますが、早期発見については、家族や本人が、異変に気付き、医師の問診などの診断くらいしかありませんでした。
しかし、アルツハイマー型認知症の早期発見方法として、脳波のデータから、認知症の早期発見が可能だという早期診断支援システムを開発した企業があります。
認知症に関する問診などの診断に比べて、脳波を測るヘルメットをかぶり検査することができ、データとして認知症を早期発見することができるので、はっきりとした結果をしることもできます。
定期的な検査によって、早期発見と認知症の進行を予防するリハビリも、早いうちから始めることができるようになります。
posted by 認知症アドバイザー at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。