認知症患者にアニマルセラピーのケア

認知症患者アニマルセラピーを使ったケアが注目されています。
アニマルセラピーとは、広い意味をもっていますが、日本では、高齢化社会にともない、老人ホームへの訪問について、メディアで取り上げられ、アニマルセラピーが注目されたのです。
高齢者の中でも、認知症患者のケアに効果的というのは、動物の気持ちの良い毛並みを触った時の、感触や生き物と触れ合うという喜びや興奮などがあるからだといわれています。
認知症などの孤立しやすい高齢者にとって、動物とかかわることは、良い影響を与えるようです。
アニマルセラピーの報告の中に、動物をなでたことによって、最高血圧が10パーセント上昇するという、ことも明らかになっています。
posted by 認知症アドバイザー at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 認知症 ケア
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。