若年性認知症の特徴

若年性認知症について、一般的な認知症との違いや、若年性認知症の特徴をいくつか紹介します。
一般的に認知症と聞くと、高齢者をイメージしますが、若年性認知症の場合、だいた40代から65歳未満の患者をさし、一番若い例で、42歳の患者が記録されているそうです。
30代の認知症の発症は今のところほとんどないといわれています。
若年性認知症は、一般的な認知症に比べて、うつ病などと間違えられることが多く、認知症の受診に慣れている医師の方が、しっかりと見てもらえる点を頭に入れておくとよいでしょう。
また若年性認知症の場合も、健康保険の適用が可能です。
一般的な認知症に比べて、年齢が若いこともあってか、病気の進行が早いとされています。
親や家系的に、アルツハイマーにかかっている人がいるということも、発症のリスクに少しは影響があるようです。
しかし、どういう人が、若年性認知症になるのかは、はっきりとした要素が挙げられてはいません。
日ごろから、ストレスを感じやすかったり、食生活、頭部の外傷など、あえて言えば、このような事柄が、若年性認知症の発症に関係すると予想されています。
posted by 認知症アドバイザー at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 若年性認知症
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。