シルバーハウジングで認知症の予防

シルバーハウジング認知症の予防もできるかもしれません。
シルバーハウジングとは、高齢者のための集合住宅のことです。
日本も高齢化社会が進み、高齢者のための住宅も様々な工夫がされています。
シルバーハウジングは、身体的には、ほぼ健康で、低所得者を対象としたもので、現在は、認知症ではなくても、1人暮らしをしたり、孤独な生活を送っていく可能性のある、高齢者に適した住宅といえるでしょう。
高齢者の集合住宅なので、近所付き合いや、高齢者向けの設備、デイルームなども備え付けてあり、人とのかかわりの多い住宅となっています。
同世代の人とのかかわりによって、認知症の予防となり、生きる楽しみを得ることができるでしょう。
高齢の夫婦や、1人暮らしに適したシルバーハウジングです。
posted by 認知症アドバイザー at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。