若年性認知症とは

若年性認知症とは、認知症疾患といわれる、
アルツハイマー病や脳血管型、前頭側頭型、頭部外傷、
などを18歳から64歳の間に発症したものを言います。
日本では、現在若年性認知症といわれる人たちが、
約4万人いると言われています。
若年性認知症の場合は、普通に言われている認知症に比べて、
体力面、経済面、支援施設の利用の仕方など、抱える問題が多いようです。
若年性の場合、ちょうど働き盛りの年代と重なっていることや、
体は元気であり体力があることから、暴力や徘徊などの問題も多く、
経済的にも家族の介護負担が重いという現実があります。
家族の負担を軽減するための、認知症患者の支援施設を利用していても、
若年性認知症の場合は、高齢者の多い施設に馴染めず、結局家庭での、
介護が中心となってしまうという現実もあります。
posted by 認知症アドバイザー at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 若年性認知症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。