若年性認知症の原因

若年性認知症の原因と言われているものは、
いくつかありますが、
原因と言われる病気は、大きく分けて三つあります。
一つ目は、アルツハイマー病で、
これは、脳が萎縮していく病気です。
二つ目は、ピック病です。
これも、アルツハイマーと同じく、
脳が萎縮していく病気です。
三つ目は、脳梗塞が多発する、多発性脳梗塞です。
この三つの原因が、若年性認知症の約9割を占めています。
忘れっぽくなってきたなという
ちょっとした変化が病気の始まりのようですが、
実際には、家族も本人も、
真剣に若年性認知症の疑いがあるとは、なかなか気付かず、
医者でさえも、認知症だと診断するのには、
時間がかかるようです。
物忘れ以外にも、
若年性認知症の早期発見のポイントとなるものがあるので、
物忘れや様子がおかしい時は、家族も本人も、
気を付けていくことが大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 若年性認知症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。