全国認知症グループホーム協会とは

全国認知症グループホーム協会は、グループホーム普及、事業の拡大や強化を目的とし、様々な支援活動を行っている団体です。
全国認知症グループホーム協会は、元は平成10年5月に全国痴呆性高齢者グループホーム連絡協議会として結成され、平成16年12月「痴呆」から「認知症」への用語の変更を受け、平成17年10月「全国認知症グループホーム協会」に改称しています。
全国認知症グループホーム協会の主な活動内容は「グループホーム設立および運営に関する支援」「グループホームにおけるケアサービスを向上させるための調査と研究」「グループホームの全国的ネットワークづくりと情報収集およびその提供」「グループホーム職員に対する各種研修」「グループホーム事業に対する理解を深め協力を得る啓発・広報活動」「機関誌および出版物の発行」「行政その他関係機関との連携、連絡、調整に関する事業」などです。
posted by 認知症アドバイザー at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 グループホーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。