若年性認知症の早期発見のポイント

若年性認知症を早く見つけるポイントについてです。
認知症には、治る可能性のあるものも中にはあるのです。
認知症を早期発見すれば、治療によって治ったり、いくらか症状を軽くすることもできるのです。
特に若年性認知症については年齢が若いだけに、治療したり、症状の悪化を遅らせることによって、本人や家族の心構えの時間を作ることもできます。
若年性認知症を含めた、認知症の早期発見のポイントについては、
今までできていたことができなくなった、今何時か、どこなのかなどの時間の感覚が不確かになったこと、記憶があやふやであること、やる気がでなくなったなどの症状が見られます。
特に若年性認知症の場合は、やる気が無くなったり、性格の変化が見られ、
暴力的になるなどの症状が見られます。
認知症が完治する方法というのは、なかなか難しいですが、病気の悪化を遅くすることは、
投薬などで可能となっています。
様子がおかしいと思ったら、早めに専門医と相談し、対応することが大切です。
そうすることで、早期発見によって治る可能性が見出され、メリットもたくさんでてくるはずです。
posted by 認知症アドバイザー at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 若年性認知症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。