高齢化社会と認知症グループホーム

高齢化社会と認知症のグループホームについてです。
高齢化社会でのさまざまな問題がありますが、世界の中でも日本は、
急速に高齢化が進み、問題の解決に向けてたくさんの課題を抱えています。
特に、認知症患者の問題では、施設に預けるというだけでは、解決しきれない状態になっています。高齢者に対する施設はありますが、そこへ認知症患者を預けるとなると、患者にとっても、介護者にとっても大きな負担となり、他の患者との共生もストレスにつながっていきます。
こうした中で、認知症グループホームの取り組みが進んでいます。
一般的な高齢者利用施設とは、別に認知症患者に対するグループホームの取り組みが、期待されています。

posted by 認知症アドバイザー at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 グループホーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。