認知症患者のグループホームについて

認知症患者のグループホームについてです。
グループホームの役割は、大きく分けて2つあります。
1つ目は、病気の進行を緩やかにするために、一緒にリハビリしながら、
生活の中でケアしていくということです。
2つ目は、介護のいる認知症患者をグループホームに預けることによって、
家族の負担を軽減させるということです。
認知症グループホームでは、一方的にケアをしていくという形態をとらず、
認知症患者の方が、慣れ親しんで生活していける環境を作り出し、
心身の状態を穏やかにしていけるように考えられています。
認知症患者は、特に、不安感をもっており、記憶が失われていったり、
うまく作業ができないなどの症状があるので、グループホームでは、
家庭的な生活の雰囲気を大切に、認知症の進行を抑えていく努力をしています。
posted by 認知症アドバイザー at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 グループホーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。