脳への刺激と認知症予防

脳への刺激認知症予防について紹介します。
認知症の予防のためには、日頃から少しでも脳を使うことが大切です。
例えば、ドラマを見たり、映画を見たりすることでも、脳への刺激を受けることができますが、ただ、画面を見るだけの刺激では、脳の活性化にはものたりません。
認知症の予防を考えて、脳の活性化をしようとするなら、様々な書物を読んだり、読んだ後に、考えをまとめたり、批評したりするなど、あれこれと頭を使うことが大切です。
友人に手紙を書くことも、良い方法だといわれています。
老齢期に向けて、頭を積極的に使うような趣味を持っていると、手軽に脳の活性化を、することができます。俳句や短歌、碁、将棋なども、頭を使い脳の細胞を刺激するのに、良いとされています。
認知症の予防に、何か楽しく頭を使ってできることを自分なりに見つけておくことも大切なことです。
posted by 認知症アドバイザー at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。