人付き合いの仕方と認知症予防

人付き合いの仕方と認知症の予防の関係についてです。
一般的に、人付き合いの上手な人というのは、相手の気持ちを汲み取り、
相手に合わせて対応できるということが得意です。
人付き合いがうまくいけば、話し相手や友人と呼べる人が自分の周りに、
たくさんいるということです。
認知症の予防ということから考えた時、話し相手や友人がたくさんいた方が、
老齢期を迎えた時に、話したり人と会ったりすることが可能となり、
人付き合いのおかげで、生き生きとした生活を送ることができるという
利点があります。
反対に、頑固で偏屈な態度をとっていては、周囲の人との関係もぎくしゃくし、
孤立した老齢期を送ることになりかねません。
人付き合いからも、認知症の予防に向けての生活を考えることもできるというわけです。
今からでも、安心できる人間関係を作るとこが大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。