認知症の早期発見のために病院へ行く

認知症の早期発見のために病院へ行くということについてです。
ただの物忘れくらいでは、なかなか病院へ行く気になれない人も多いでしょう。
しかし、認知症の早期発見のためとなれば、みんな関心も高まるのではないでしょうか。
病院では、物忘れドックという検査が行われています。
通常の脳ドック検査で、脳に異常がないかチェックし、認知症と関連深い海馬と呼ばれる所が、萎縮していないか調べたりします。
ほかには、医学的に使用されている記憶力テストと、認知力テストを行います。
この検査結果をもとに、認知症の疑いがあるのか、治療の必要があるか、これからどのような対応をすれば、良いかということを指導してもらえるというものです。
1度の検査で異常なかったからといって安心するだけでなく、高齢の場合は、数年に1度くらいの割合で、脳ドックを受けることが、認知症の早期発見につながります。
posted by 認知症アドバイザー at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 病院
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。