認知症患者への口腔ケアマニュアル

認知症患者への口腔ケアマニュアルについてです。
認知症患者の場合でも、ある程度の口腔ケアの習慣付けをすることができます。
介護をする側の人が、食事の後や就寝前などに、口の中をすっきりさせるための、声かけをすることが大切です。
認知症の患者でも、自分で口ゆすぎが可能なら、自分でできるように見守ったり、歯磨きの手伝いをするなど、患者の介護度に合わせた関わり方が必要です。
自分でケアすることができない認知症患者の場合は、介護者が、時間を決めて、歯磨き、義歯の手入れ等をすることが口腔ケアには大切です。
口腔ケアの必要性が言われるようになり、介護する人のための口腔ケアマニュアルも充実してきているので、専門機関への相談するなどして、衛生的な口腔ケアをしていきたいものです。

posted by 認知症アドバイザー at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケアマニュアル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。