認知症とケアの関係

認知症とケアの関係についてです。
認知症の治療には、現在決定的な方法というものが少ないと言われています。
そこで、認知症患者に対する、ケアも重要な治療の1つとなっていくのです。
認知症では、薬物治療や、デイケア、デイサービスなどを通したり、通院などを通して、
様々な専門のケアを受けることができます。
しかし、一番身近にいる介護者のケアが、時間的に見ても、認知症患者にとっても、
よい治療となっていると思われます。
認知症の症状にある、記憶障害などのケアは、介護者にはとても疲れやストレスになる
ことですが、患者にとっては、身近にいる介護者にその都度ケアしてもらうことによって、
安心感を持つことができ、認知症の症状の進行を少しでも和らげることができると、
言えるでしょう。
posted by 認知症アドバイザー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。