若年性認知症についての勘違い

若年性認知症について勘違いをしている人も多いようです。
若年性認知症は、最近よく耳にするようになった病気のように思われがちですが、初めて若年性認知症が発見されたのは、100年前のドイツだったという記録が残っているようです。
また、認知症と関係の深いアルツハイマー病も、現在では、高齢者の病気という認識が強いですが、もともとは若年性の病気であり、脳が普通の状態ではないために起きる病気なのです。
現在では、高齢化社会となり、高齢者の認知症患者やアルツハイマー病が多く、高齢者の病気というイメージが強くなっていますが、もともとは、若年性の脳の病気だったのです。
若年性認知症は、アルツハイマー病だけでなく、脳梗塞、脳の外傷からの発症することがあります。
posted by 認知症アドバイザー at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 若年性認知症
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。