簡単な運動で認知症の予防

簡単な運動認知症の予防ができたらいいですね。
でも、高齢者や体力的に自信のない人でも、気軽に長く続けられるという運動があればいいですね。
また、認知症の予防のために、しかたなくするのではなく、気持ち良く続けられて、脳に、楽しいとか気分の良い運動であるということを伝え、脳の活性化につなげていくというのが良いようです。
たとえば、座ったまま、両手を肩の高さまで持ち上げ、手をグーパーグーパーと繰り返しにぎったり、開いたりといった運動があります。
他に、足腰が弱っていなければ、その場でもかまいませんが、
スキップの要領で、左右の足を交互に片足飛びのようにするのも、脳に刺激を与え、良い運動になるようです。
いずれにしても、自分のできる範囲で、楽しく脳を活性化させるような、運動を取り入れることが、認知症の予防につながっていきます。
posted by 認知症アドバイザー at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。