認知症予防を日常生活の中に取り入れる9か条について:脳の活性化と運動

認知症予防を日常生活の中に取り入れる9か条についてです。
アメリカの大学の研究グループから、脳を若く保つために必要な事項が発表されています。
認知症の予防にも効果があることであり、9つの事項があげられています。
1つめは、脳を活性化するために、読んだり、書いたり、描いたり、学んだりといったことを日常生活に取り入れていくことが大切です。
趣味の一部に取り入れ、楽しく脳を活性化させていくといいですね。
2つめは、運動をすることです。運動が脳に与える影響は大きく、脳へ血液を送りこみ、新しい神経細胞の発達を助けることにつながっているようです。
運動も、楽しく体力に合わせていくことが必要ですが、研究報告では、1日1.6キロ歩くことが認知症の予防につながっているということが言われています。
posted by 認知症アドバイザー at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。