認知症グループホームについて

認知症グループホームについて考えたとき、どんなグループホームがあるのか、認知症患者を持つ家族は、調べたり探したりするでしょう。
どのような施設にお願いしたらよいのか、とても難しいことだと思います。
いろいろな認知症患者のための施設についてのホームページをみていると、認知症について、真剣に考え、認知症患者特有の生活の仕方に配慮した施設が、たくさんあります。
その中でも、認知症患者を受け入れるにあたって、日常生活について深く考えている、ということが強調されていることが多くあります。
認知症患者の日常生活については、病気や衛生面、健康状態についてもきめ細かい配慮が必要なため、10人以下の少人数のグループホームが良いといわれています。
少人数のグループホームでは、認知症患者にとって、一人で行うことが難しい調理や掃除などの日常の基本的な作業も、支援を受けながら、できるだけ自分の力で行うことが出来ます。
こういった認知症特有の症状に配慮し、日常生活の中のできることをできたという満足感を、持たせながら支援していくというグループホームが今後も増えていくことが望まれています。
posted by 認知症アドバイザー at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 グループホーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。