認知症予防を日常生活の中に取り入れる9か条について:食生活

認知症予防日常生活の中に取り入れる9か条をについてです。
アメリカの大学の研究グループから、脳を若く保つために必要な9つの事項の中の食生活についてご紹介します。
3つめは、食べ物についてで、高カロリーの摂取は認知症にも悪い影響を与えているようです。
特に、高ホモシスチンが、認知症にとって悪い影響を与えているようです。
良いとされている食べ物は、葉酸やビタミンを多く含む食品であり、ビタミンの中でも、B群の食品をたくさんとるようにするといいようです。
4つめは、血圧を良い状態にすること、5つめは、コレステロールに気をつけることです。
4つめ、5つめの事項は、食生活と密接に関係しているので、日頃の食事を気をつけることと一緒に管理していくことができそうです。
認知症の予防は、その他の病気の予防とも深く関わっているので、日頃から気をつけていきたいものです。
posted by 認知症アドバイザー at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。