認知症のケアと主なバリデーション療法について

認知症のケアと主なバリデーション療法について紹介します。
様々なバリデーション療法がありますが、具体的に見てみると、14のポイントがあるようです。
バリデーションの基本としては、認知症の患者の思いや行動を受けとめて認めるということにあるので、そこに関連したケアの方法といえるでしょう。
例えば、アイコンタクトをしっかりする、認知症患者の言ったことを繰り返し声に出して言うという、リフレージングをする、手や背中をさすったりといったタッチングをする、などのかかわりをしっかりすることが大切です。
その他に、認知症患者の好きな表現方法を用いたり、思い出話をしたり、話しかけはゆっくりと低い声で話すなどの工夫も必要です。
バリデーション療法では、関わり方の具体的な方法を示し、ケアに活用できるようになっています。
posted by 認知症アドバイザー at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。