グループホームの歴史と認知症

グループホームの歴史認知症について紹介します。
グループホームは、スウェーデンが発祥地だと言われています。
ノーマライゼーション発祥の地でもあるスウェーデンでは、施設を排除し、障害者が地域で生活できるような運動が広まり、グループホームへと移行していったという歴史があります。
認知症患者をケアするためのグループホームとしては、1980年代に、民家で行われていたケアの場がはじまりのようです。
日本では、1990年代から少しずつグループホームが作られ、広がっていきました。
介護保険制度にも、在宅サービスとして、グループホームが位置づけられており、一般的な大型介護施設とは違う雰囲気とケアの環境を持つ施設として認識されています。
認知症のグループホームは、今までの施設では経験することのできなかった日常生活を、認知症患者にも味わってもらうということができるという点が、魅力のようです。
posted by 認知症アドバイザー at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 グループホーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。