認知症の症状とスクリーニングテスト

スクリーニングテストとは、精神医学の分野で用いられる場合は、病気の疑いがあるかどうかを検査するものです。
特に、認知症の場合は、物忘れなどの症状の程度から、スクリーニングテストをして、認知症なのか、物忘れの段階なのかを選別するというものです。
しかし、このテストで、認知症かどうかをはっきり決めるというわけではないので注意が必要です。
認知症のスクリーニングテストには、いくつか種類もあり、専門的な知識を持つ人が行うものです。
単なる物忘れなのか、認知症と診断されるのかの目安となるのがスクリーニングテストなのです。
認知症の症状に似た症状の病気は、いくつかあるので、医師の診察や精密検査から、しっかり判断してもらうことが大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 症状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。