認知症のケアと食事

認知症の進行によって、様々ですが、食事に対する欲求は、認知症になっていてもしっかりとあります。
何回も、食べるということのほうがよくあるようですが、認知症患者が食べないというときは、すでに食事を済ませたと思い込んでいたり、精神的な落ち込みや体調や歯の調子などによることも、あるので、長時間食事をしないようであれば注意してケアしていくことが必要です。
認知症患者の中には、食べることだけが楽しみである場合も多くあります。
しかし、認知症以外にも患者に病気がある場合など、食事の内容や量にも気をつけてケアしなければなりません。
そのため、盛り付けに工夫をしたり、認知症患者の好きなものを用意したり、食事を少しずつ数回に分けるなどの工夫も必要です。
認知症患者の満足のいくような食事のとり方を考えることもケアの一つです。
posted by 認知症アドバイザー at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。