認知症の在宅ケア

認知症在宅でのケアについて考えてみましょう。
在宅で認知症患者を抱えている場合のサービスの代表的なものには、在宅でヘルパーを利用する方法、ショートステイといわれる短期入所施設の利用、デイサービスセンターの利用などがあります。
どのようなケアの方法があるのか、どのようなサービスがあるのか、また、認知症などの要介護度によって受けることの可能なサービスや介護保険のことについては、市町村の役場や、社会福祉協議会など、福祉サービスの窓口で教えてもらうことができます。
また、わざわざ市町村窓口まで行かなくても、ケアマネージャーなどを通して、在宅でのサービスなどのプランを知ることができます。
認知症の高齢者介護では、思いもよらない困難が生じたりして、がんばって介護をする人ほど、介護する側に疲労やストレスが蓄積することがあります。
在宅での認知症高齢者のケアを行う場合は、困ったことや、悩みなどを家族だけで抱え込まず、介護保険や公的な情報を得たり、支援センターなどに相談することが大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。