アルツハイマー型認知症のケアと多発梗塞型認知症のケアについて

アルツハイマー型認知症のケアと多発梗塞型認知症のケアについての紹介です。
認知症のケアといっても、認知症のタイプによって、ケアのポイントや、ケアについての注意点も異なっています。
大きく分けてみると、アルツハイマー型認知症の場合には、分類ケアというケアの形態が、合っていて、アルツハイマー型認知症によく見られる虚構の世界でケアすることが、大切です。
アルツハイマー型認知症の患者を現実の世界へ引き戻そうとすると、かえって不安な状態にさせることになるので、ケアする側も患者の独特の世界を、よく知ることが必要です。
多発梗塞型認知症の場合は、反対に現実の理屈の世界でのケアをしてくのがいいでしょう。
認知症ではない人たちと共に現実的に生活することで認知症の進行を抑えることもできる、と考えられています。
posted by 認知症アドバイザー at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。