認知症予防とサプリメント

認知症についての情報が知られるようになり、認知症になっても様々なケアの方法があるという理解が広まってきています。
それと同時に、認知症になる前に何らかの予防ができないだろうかと考える人も多くなっています。
認知症にも、アルツハイマー型や脳血管性の認知症など、様々な種類があります。
最近では、脳内伝達物質を改善したり、脳血管の状態を改善する作用のあるサプリメントで、認知症の予防をはかろうという考えもあるようです。
脳内伝達物質は100種類以上あり、よく知られているものには、ドーパミン、セロトニン、アセチルコリン、ノルエピネフリン、グルタミン、ギャバなどがあります。
サプリメントで摂取できる成分としては、アセチルコリンの原料となるレシチン、ホスファチジルセリン、アセチルLカルニチンがあり、アセチルコリンの合成を促す物質としては、DMAEやメチオニンがあります。
また、ギャバは、ストレス解消物質として注目を浴びている物質で、ギャバを含むチョコレート商品も発売されています。
posted by 認知症アドバイザー at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。