認知症のケアと作業療法

認知症のケアと作業療法についての紹介です。
作業療法とは、身体や精神に特別な支援の必要な人や、支援が必要と予測される人に対して、生活を円滑に行えるようにしたり、治療や訓練、指導や援助などをすることによって、その人の身体の諸機能の維持や回復を目指していく活動のことを言います。
認知症患者に対しての作業療法の役割としては、認知症患者のできることは、そのまま維持してできるように支援し、生活の中でなるべくできることを残しながら生活できるように、ケアしていくことが大切だと考えられています。
認知症患者のできることやできるだろうと予測されていることを引き出して、できることを支援しケアしていく中で、日常生活のその他のことについても、認知症患者としての症状を軽くし症状の進行を和らげるための手助けになるようにと考えられています。
posted by 認知症アドバイザー at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。