認知症予防のための入浴の仕方

認知症の予防のための入浴の仕方について紹介します。
入浴の仕方や、お風呂の形や雰囲気が、健康作りに役立つということが、分かってきました。
良い入浴方法をすることで、さまざまな効果があるとされていますが、
アルツハイマー型認知症などに効果があるとされているのが、銭湯などの大きな湯船に入るということです。
大きな湯船に入ることでストレスを解消し、認知症の予防や改善に役立つようです。
お湯の温度は、42度以上の場合は、熱いために血小板の働きが活発になり、脳障害の原因となる可能性があり、危険性をともなうので注意が必要ということです。
高齢者の場合は特に、入浴の温度や、水分補給などに気をつけることが大切です。
認知症予防のために、健康によいお風呂の入り方の工夫をおすすめします。
posted by 認知症アドバイザー at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。