認知症の予防と高齢者のリクリエーションゲーム

高齢者のレクリエーションは、認知症の予防と関連して、脳の活性化に大切な手足のリハビリも、楽しく行うことが可能です。
高齢者のレクリエーションは、高齢者の人口増加と生活様式の変化にともなって、様々な変化と影響を与えています。
団塊の世代のセカンドライフが始まる数年後から、さらに高齢者レクリエーションの、需要と形態の変化が見られると思われます。
その中でも注目されているのが、レクリエーションゲームです。
このレクリエーションゲームは、軽いリズミックやボールのやり取り、高齢者の馴染みのある将棋やお手玉、おはじきといったものを使用したゲームです。
いくつになっても、ゲームは人を夢中にさせ、楽しませてくれます。
レクリエーションゲームを通して、生き生きとした生活を送ることができたり、手・足の運動となり、心のレハビリとしての活用法もあります。
認知症の予防のためにレクリエーションをしたり、レクリエーションに参加することで、人との交流をはかり、孤独から抜け出し、楽しい日々を送ることもできるはずです。
posted by 認知症アドバイザー at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症予防 ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。