セラビューティックレクリエーションで認知症の予防

人とのかかわりがちょっと苦手というお年寄りのために、セラビューティックレクリエーションという方法で認知症の予防をすることが出来ます。
セラビューティックレクリエーションとは、レクリエーション本来の楽しみを目的とした活動ですが、一般的なレクリエーションのように、集団で楽しむ活動ではなく、個人的に1人で楽しみたいという人のためのものです。
認知症の予防には、人とのかかわりも大切とされていますが、いやいや集団に参加しているのでは、逆効果なので、個人の目標にあわせたレクリエーションをするということも大切です。
セラビューティックレクリエーションは、医師や看護士、理学療法士、作業療法士、ソーシャルワーカーなど、病院や施設関係者のさまざまな方面から援助されながら、個人的なレクリエーションを、楽しめるように支えてもらうことができます。
posted by 認知症アドバイザー at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 認知症 予防

認知症予防のレクリエーションゲーム:十二支ビンゴ

認知症予防にレクリエーションゲームが有効であると考えられるようになり、様々なゲームが行われています。
その中のひとつ、十二支ビンゴというレクリエーションゲームをご紹介します。
十二支ビンゴとは、十二支の絵が描かれたサイコロとコマを使います。
やり方は、盤の上に十二支のコマを表向けに自由な場所におき、十二支の絵の描かれたサイコロ2つを転がして出た十二支のコマを見て、2つのコマのうちどちらかを自分で選び、盤の上のコマを裏返していくというものです。
このゲームでは、十二支の描かれたサイコロを2つ転がし、自分は出たコマのどちらを選べば早くビンゴとなるのか、また盤の上のどこにその十二支のコマがあるのかを探したり、といったことがあります。
十二支ビンゴをすることで、右脳と前頭葉を刺激するということなので、認知症の予防に、効果的です。
また、高齢者にとっては、なじみのある十二支なので、会話の中でも、自分が何の干支なのか、といった話題にもなるでしょう。
posted by 認知症アドバイザー at 10:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | 認知症 予防

シルバーハウジングで認知症の予防

シルバーハウジング認知症の予防もできるかもしれません。
シルバーハウジングとは、高齢者のための集合住宅のことです。
日本も高齢化社会が進み、高齢者のための住宅も様々な工夫がされています。
シルバーハウジングは、身体的には、ほぼ健康で、低所得者を対象としたもので、現在は、認知症ではなくても、1人暮らしをしたり、孤独な生活を送っていく可能性のある、高齢者に適した住宅といえるでしょう。
高齢者の集合住宅なので、近所付き合いや、高齢者向けの設備、デイルームなども備え付けてあり、人とのかかわりの多い住宅となっています。
同世代の人とのかかわりによって、認知症の予防となり、生きる楽しみを得ることができるでしょう。
高齢の夫婦や、1人暮らしに適したシルバーハウジングです。
posted by 認知症アドバイザー at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症の予防にロボットセラピー

認知症の予防ロボットセラピーというものの研究が話題になりました。
ロボットセラピーという認知症予防の療法は、独立行政法人 産業技術総合研究所の知能システム研究部門をはじめとする、いくつかの研究所によって、共同研究されているものです。
使用されるロボットはアザラシ型のメンタルコミットロボット「パロ」で、真っ白いふわふわしたぬいぐるみのような手触りに、とても愛くるしい顔をしています。
このパロが、認知症の患者の脳の活性化に役立つのではないかとして、調査されました。
認知症の高齢者を対象に、このロボットと触れ合ってもらった結果、認知症の状態ある14名のうち、7名の脳の機能の改善効果があったと報告されています。
国内外の高齢者施設においても、メンタルコミットロボと触れ合うことで、健常者と同じような行動・表情をもたらしたという多数の例が発表されているようです。
日本では、認知症介護に1人約400万円費やしており、社会的に問題となっています。
そのため、いかに認知症を予防する介護予防へと注目をしているのです。
認知症の予防については、さまざまなセラピーが注目されていますが、その中で、認知症の予防に効果があるとして、ロボットセラピーも期待されています。
posted by 認知症アドバイザー at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | 認知症 予防

認知症予防のための入浴の仕方

認知症の予防のための入浴の仕方について紹介します。
入浴の仕方や、お風呂の形や雰囲気が、健康作りに役立つということが、分かってきました。
良い入浴方法をすることで、さまざまな効果があるとされていますが、
アルツハイマー型認知症などに効果があるとされているのが、銭湯などの大きな湯船に入るということです。
大きな湯船に入ることでストレスを解消し、認知症の予防や改善に役立つようです。
お湯の温度は、42度以上の場合は、熱いために血小板の働きが活発になり、脳障害の原因となる可能性があり、危険性をともなうので注意が必要ということです。
高齢者の場合は特に、入浴の温度や、水分補給などに気をつけることが大切です。
認知症予防のために、健康によいお風呂の入り方の工夫をおすすめします。
posted by 認知症アドバイザー at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

銭湯で認知症予防

銭湯で認知症の予防ができるのではないかと考えられてるのはご存知でしょうか?
銭湯で、健康作りをしていこうとするもので、保健師や健康入浴指導員などによる、指導の下で、入浴するというものです。
特に、脳の活性化に効果のあるような入浴方法として、打たせ湯などの流水浴があります。
認知症の人に、毎日30分間の打たせ湯などの流水浴を2週間試してもらったところ、脳波が正常域に戻るというケースもあったようです。
入浴方法を少し工夫するだけで、認知症の予防につなげることもできるようです。
ただし、42度以上のお風呂は、血小板の働きが活発化し、血栓が出来やすくなり、脳障害の危険もあります。
特にお年寄りが銭湯へ行ったり、熱い湯に入るときには血液の粘度が増す朝には入浴を控えたほうがいいでしょう。
そして、水分補給を心がけるように注意しましょう。
posted by 認知症アドバイザー at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症の予防と発見

認知症の予防については、さまざまな方法が紹介されていますが、早期発見については、家族や本人が、異変に気付き、医師の問診などの診断くらいしかありませんでした。
しかし、アルツハイマー型認知症の早期発見方法として、脳波のデータから、認知症の早期発見が可能だという早期診断支援システムを開発した企業があります。
認知症に関する問診などの診断に比べて、脳波を測るヘルメットをかぶり検査することができ、データとして認知症を早期発見することができるので、はっきりとした結果をしることもできます。
定期的な検査によって、早期発見と認知症の進行を予防するリハビリも、早いうちから始めることができるようになります。
posted by 認知症アドバイザー at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症の予防に“うつぶせ”

認知症予防に“うつぶせ”がいいようです。
認知症の予防などに関するフェアの中で、うつぶせで寝ることを奨励していました。
一晩中、うつぶせで寝るということではなく、1日2回、15分ずつくらいうつぶせ寝をすることで、
認知症の予防となる脳の活性化などに効果があるということでした。
うつぶせ寝をすることで、排泄障害や床ずれの予防であったり、イビキを軽減したりというメリットがあり、良いうつぶせ寝の方法も説明されています。
認知症などの予防に効果のあるうつぶせ寝の方法として、両腕を方の位置まで上げ、ひじを90度にまげること。
首は横に向け、手のひらはベットに付けるといったことが基本とされています。
ただ、心臓に重度の疾患があったり、脊髄や腰の痛み、うつぶせ寝が嫌いであったり、
うつぶせ寝が困難な場合は、無理に実施しないということもあげられています。
posted by 認知症アドバイザー at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症のケアと作業療法

認知症のケアと作業療法についての紹介です。
作業療法とは、身体や精神に特別な支援の必要な人や、支援が必要と予測される人に対して、生活を円滑に行えるようにしたり、治療や訓練、指導や援助などをすることによって、その人の身体の諸機能の維持や回復を目指していく活動のことを言います。
認知症患者に対しての作業療法の役割としては、認知症患者のできることは、そのまま維持してできるように支援し、生活の中でなるべくできることを残しながら生活できるように、ケアしていくことが大切だと考えられています。
認知症患者のできることやできるだろうと予測されていることを引き出して、できることを支援しケアしていく中で、日常生活のその他のことについても、認知症患者としての症状を軽くし症状の進行を和らげるための手助けになるようにと考えられています。
posted by 認知症アドバイザー at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症予防とサプリメント

認知症についての情報が知られるようになり、認知症になっても様々なケアの方法があるという理解が広まってきています。
それと同時に、認知症になる前に何らかの予防ができないだろうかと考える人も多くなっています。
認知症にも、アルツハイマー型や脳血管性の認知症など、様々な種類があります。
最近では、脳内伝達物質を改善したり、脳血管の状態を改善する作用のあるサプリメントで、認知症の予防をはかろうという考えもあるようです。
脳内伝達物質は100種類以上あり、よく知られているものには、ドーパミン、セロトニン、アセチルコリン、ノルエピネフリン、グルタミン、ギャバなどがあります。
サプリメントで摂取できる成分としては、アセチルコリンの原料となるレシチン、ホスファチジルセリン、アセチルLカルニチンがあり、アセチルコリンの合成を促す物質としては、DMAEやメチオニンがあります。
また、ギャバは、ストレス解消物質として注目を浴びている物質で、ギャバを含むチョコレート商品も発売されています。
posted by 認知症アドバイザー at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症予防を日常生活の中に取り入れる9か条について:食生活

認知症予防日常生活の中に取り入れる9か条をについてです。
アメリカの大学の研究グループから、脳を若く保つために必要な9つの事項の中の食生活についてご紹介します。
3つめは、食べ物についてで、高カロリーの摂取は認知症にも悪い影響を与えているようです。
特に、高ホモシスチンが、認知症にとって悪い影響を与えているようです。
良いとされている食べ物は、葉酸やビタミンを多く含む食品であり、ビタミンの中でも、B群の食品をたくさんとるようにするといいようです。
4つめは、血圧を良い状態にすること、5つめは、コレステロールに気をつけることです。
4つめ、5つめの事項は、食生活と密接に関係しているので、日頃の食事を気をつけることと一緒に管理していくことができそうです。
認知症の予防は、その他の病気の予防とも深く関わっているので、日頃から気をつけていきたいものです。
posted by 認知症アドバイザー at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症予防を日常生活の中に取り入れる9か条について:脳の活性化と運動

認知症予防を日常生活の中に取り入れる9か条についてです。
アメリカの大学の研究グループから、脳を若く保つために必要な事項が発表されています。
認知症の予防にも効果があることであり、9つの事項があげられています。
1つめは、脳を活性化するために、読んだり、書いたり、描いたり、学んだりといったことを日常生活に取り入れていくことが大切です。
趣味の一部に取り入れ、楽しく脳を活性化させていくといいですね。
2つめは、運動をすることです。運動が脳に与える影響は大きく、脳へ血液を送りこみ、新しい神経細胞の発達を助けることにつながっているようです。
運動も、楽しく体力に合わせていくことが必要ですが、研究報告では、1日1.6キロ歩くことが認知症の予防につながっているということが言われています。
posted by 認知症アドバイザー at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

簡単な運動で認知症の予防

簡単な運動認知症の予防ができたらいいですね。
でも、高齢者や体力的に自信のない人でも、気軽に長く続けられるという運動があればいいですね。
また、認知症の予防のために、しかたなくするのではなく、気持ち良く続けられて、脳に、楽しいとか気分の良い運動であるということを伝え、脳の活性化につなげていくというのが良いようです。
たとえば、座ったまま、両手を肩の高さまで持ち上げ、手をグーパーグーパーと繰り返しにぎったり、開いたりといった運動があります。
他に、足腰が弱っていなければ、その場でもかまいませんが、
スキップの要領で、左右の足を交互に片足飛びのようにするのも、脳に刺激を与え、良い運動になるようです。
いずれにしても、自分のできる範囲で、楽しく脳を活性化させるような、運動を取り入れることが、認知症の予防につながっていきます。
posted by 認知症アドバイザー at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知予防とコーヒー

認知症をはじめとする物忘れなどの面から、コーヒーを飲む人と、飲まない人とを比較した研究を、オランダ国立公衆衛生環境研究所の研究グループが行いました。
この研究は、ヨーロッパの676名の男性を対象に10年かけて行ったものです。
物忘れなどをMMSEという数値によって表しており、コーヒーを飲む人は、飲まない人に比べて、数値が低く、また、コーヒーを飲む回数によっても違いがあり、1日3杯飲む人のほうが、物忘れの数値が低いことが明らかになりました。
これは、コーヒーに含まれているカフェインの作用が物忘れなどの機能に作用していると推測されています。
このオランダでの結果を受けて、アメリカ全国コーヒー協会では、コーヒーに含まれているマグネシウムは、ポリフェノール酸にも関係しているという考えを打ち出しています。
認知症の予防に、コーヒーの成分が効果的だということも研究から明らかになっていますが、コーヒーを飲む環境が仲間と集う場であったり、リラックスできる場であるということも、よい影響を与えていると考えられています。
posted by 認知症アドバイザー at 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症予防とアルコールの関係

認知症予防とアルコールの関係についてです。
認知症の予防に、ワインを適度に飲むということが効果的だということが、
フランスのボルドー大学の研究調査で明らかになったそうです。
1日グラスに3杯程度のワイン摂取をしている人と、全然ワインを摂取していなかった人と、
比べたところ、摂取していた人たちはしていなかった人の4分の1しか認知症にならなかった、
ということです。
他にも、お酒に強い人と弱い人について比べてみたところ、お酒に弱い人は、アルツハイマーにかかりやすいといえるという研究結果もでています。
これは、日本の大学での調査で、アルツハイマー疾患者の脳に現れる有毒物質について、比べたところ、アルコールに弱い人は、有毒物質のもとになる、過酸化物質が多くあり、有害物質に対抗する働きが弱いということがいえるということです。
適度なアルコール摂取は、認知症の予防になりますが、アルコールに弱い人の場合は、よく考えて摂取していく必要がありそうです。
posted by 認知症アドバイザー at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症患者の感受性とケアの関係

認知症のお年寄りの中には、知性面の抑制がない分、
感受性豊かな患者さんが多いとされています。
小さな花に感動したり、人の好意に素直に喜びを表し、
周囲の人達に、暖かな気持ちを起こさせてくれることもあります。
記憶の障害や、物事を理解することが困難になっているため、
介護する側は、ついつい感受性が豊かであるということを、
忘れてケアにあたっていたる場合があります。
いろいろなことが分かっていないだろう、とか理解できていないだとろう、
といった、介護者側の勝手な判断だけでなく、認知症患者の感受性を大切にし、
小さな物事にも、心をなごませ、心をうごかすことができるようなケアを、
心がけていくことが大切です。
認知症患者の感受性の豊かさを理解し、お年寄りの生活が
いきいきとしたものとなるようなケアをしてあげるように心がけましょう。
posted by 認知症アドバイザー at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

うつ病と認知症予防

うつ病と認知症の予防についてです。
うつ病は、認知症とは全く違った病気ですが、周囲の見方によっては、
同じような病気と間違えられることもあります。
特に、高齢になってから、うつ病になったり、何度もうつ病にかかったりすると、
気力の低下や物忘れ、頭の回転が遅くなってくるなどといった症状があり、
認知症と間違えられることもあるのです。
うつ病は、心の病気であり、仮性痴呆と呼ばれるもので、
本当の認知症ではありませんが、老齢期にうつ病を繰り返せば、
脳の神経細胞のダメージや引きこもり状態、寝たきりになるなど、
認知症になる要素をたくさん持っています。
認知症の予防のためにも、うつ病にならないように、
日ごろから、明るい気持ちで、くよくよしないように心がけることが大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

おしゃれと認知症予防

一見関係のなさそうな「おしゃれ」も、認知症予防には意外に役に立ちます。
おしゃれといっても、様々な形態のものがあります。
お化粧をしたり、素敵な洋服を着たりといった、外見のおしゃれ、
またお家の中に花を飾ったり、楽しい話題豊富に持ち、楽しい気持ちで
周りの人をもてなすといったおしゃれな心もあるでしょう。
どのようなおしゃれでも、心にいつも余裕を持ったり、
前向きな気持ちを持っているということが基本にあるようです。
年をとったり、体力が落ちてくれば、外出するのもまれになり、
人と会うのも、おっくうになりがちです。
そんな時にも、家にいても、おしゃれ心を忘れずにいることが、
認知症予防の大切な要素です。
おしゃれ心を持った毎日を送っていれば、人も集まってきて、
周囲が賑やかになり、良い影響を与えてくれる
といったプラスの循環を作ってくれるのです。
posted by 認知症アドバイザー at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

人付き合いの仕方と認知症予防

人付き合いの仕方と認知症の予防の関係についてです。
一般的に、人付き合いの上手な人というのは、相手の気持ちを汲み取り、
相手に合わせて対応できるということが得意です。
人付き合いがうまくいけば、話し相手や友人と呼べる人が自分の周りに、
たくさんいるということです。
認知症の予防ということから考えた時、話し相手や友人がたくさんいた方が、
老齢期を迎えた時に、話したり人と会ったりすることが可能となり、
人付き合いのおかげで、生き生きとした生活を送ることができるという
利点があります。
反対に、頑固で偏屈な態度をとっていては、周囲の人との関係もぎくしゃくし、
孤立した老齢期を送ることになりかねません。
人付き合いからも、認知症の予防に向けての生活を考えることもできるというわけです。
今からでも、安心できる人間関係を作るとこが大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

脳への刺激と認知症予防

脳への刺激認知症予防について紹介します。
認知症の予防のためには、日頃から少しでも脳を使うことが大切です。
例えば、ドラマを見たり、映画を見たりすることでも、脳への刺激を受けることができますが、ただ、画面を見るだけの刺激では、脳の活性化にはものたりません。
認知症の予防を考えて、脳の活性化をしようとするなら、様々な書物を読んだり、読んだ後に、考えをまとめたり、批評したりするなど、あれこれと頭を使うことが大切です。
友人に手紙を書くことも、良い方法だといわれています。
老齢期に向けて、頭を積極的に使うような趣味を持っていると、手軽に脳の活性化を、することができます。俳句や短歌、碁、将棋なども、頭を使い脳の細胞を刺激するのに、良いとされています。
認知症の予防に、何か楽しく頭を使ってできることを自分なりに見つけておくことも大切なことです。
posted by 認知症アドバイザー at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。