認知症の予防には興味と好奇心

認知症の予防には、興味と好奇心が大切です。
興味とは、自分がおもしろいとか、楽しいと思うことであり、
好奇心とは、今まで体験していなかったこと、知らなかったことなどを、
やってみたい、知りたいという意欲を持っていることです。
比較的、老齢期には、興味や好奇心を持って生活することが、少なくなっていきます。
しかし、認知症の予防という面から考えても、楽しい老齢期を過ごすためにも、
自分の性格や体力などに応じた興味を持つことは大切なことです。
そのためには、趣味を持ったり、やボランティア活動に参加するといった、
活動も必要です。
自分の興味のあることなら、情報を得やすく、記憶もうまく機能し、
認知症の予防には効果的です。
posted by 認知症アドバイザー at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症の予防について(生活習慣病)

生活習慣病は、認知症に関係するので、日頃から注意して、予防しておく必要があります。
生活習慣病の面から見ると、認知症の原因となる脳梗塞などにつながることもあるのです。
生活習慣病は、高血圧、肥満、高コレステロールなどが大きく影響しています。
そのすべてが、生活の中のちょっとした工夫によって予防することができるのです。
動脈硬化は、いずれの場合も、若い頃から現れ始めているので、若いうちからの健診などでの早期発見が予防につながります。
病気を早く発見すればするほど、老齢になってからの大病につながる可能性も減り、生活習慣病からの認知症への移行も予防することができます。
認知症予防に関わる、生活習慣病予防も、健診などの早期発見と、日ごろから血圧、肥満などに注意した生活を心がけることが大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 13:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症の予防10か条について(規則正しい生活)

認知症の予防10か条のひとつに規則正しい生活を送ることがあげられています。
規則正しい生活を送ることが認知症の予防についながるということは、なんとなく分かることですが、具体的にどのようなことに気を付けて生活するかというのが問題です。
認知症の予防のために、飲酒、タバコなどの嗜好品の扱い方についての注意です。
飲酒については、生まれてから、500キログラム以上のアルコールを摂取がある人は、アルコール性の痴呆状態になる可能性を多く持っていて、肝障害や脳機能障害を起こしやすい、とされています。
喫煙では、脳血管性の痴呆になりやすいとされています。
老齢になる前の世代の人たちが、深酒や喫煙について節度をわきまえ、規則正しい生活をすることが、認知症予防に求められています。
規則正しい生活は、数日にしてならないので、日ごろからの心がけが大切です。
老齢になってからは、むしろ、細かいことにこだわらず、くよくよせず、楽しく気持ちの良い生活をする方が、明るく暮らせる第一歩となり良い効果をあげそうです。
posted by 認知症アドバイザー at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症予防の10か条(運動)

認知症予防の10か条の中に、運動についての項目があります。
認知症予防するためには、やはり運動も大切ということです。
中でも、歩くことが、脳の活性化にもつながり、認知症に大きく影響しているようです。
認知症の症状のなかにある、物忘れなどの記憶障害などと運動能力とは、
密接に関連していて、運動能力が低下すると、知的能力の低下もみられ、
反対に知的能力の低下が見られると運動などの動作もできにくくなるといった、悪循環があるようです。
高齢になると、早くたくさん歩くということは難しくなりますが、
ゆっくり自分のペースで、意思的に歩くようにしていけば、寝たきりや認知症を防ぐことができます。
歩くことは、全身運動であり、筋肉や頭、骨などにも良い影響を与えます。
また手先を使うことも、脳の活性化につながるので、あわせて手先の運動や手先を使う日常の活動などを積極的に取り入れたいものです。
posted by 認知症アドバイザー at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症予防10か条(食事)

さなざまなところで、認知症の予防について書かれていますが、その一例として、「認知症予防の10か条」というものがあります。
なかには、日常生活や食事について気をつける事項が盛り込まれています。
その1つに、バランスの良い食事のについてふれてあります
内容としては、塩分を控え、低カロリーと良質のタンパク質をとることを、こころがけるということです。
健康に気をつけている人にとっては、常識の内容ですが、高血圧の人などは、特に、塩分を1日6グラム以下にしたり、通常でも10グラムを目安に摂取するといいようです。
脂肪や糖質の多い食事をしていると、中性脂肪の増加にもつながります。
塩分や動物性脂肪を減らし、食物繊維やビタミン、ミネラルの摂取で、老化する体を健康に近づけ、血圧を維持したりすることで、認知症の予防につなげていくというのがいいようです。
posted by 認知症アドバイザー at 13:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

アルツハイマー型認知症の予防について

アルツハイマー型認知症の予防についてです。
アルツハイマー型認知症の発症の原因として、遺伝的要因が考えられる一方で、食生活や生活スタイルなどが、発症に結びついているのではないか、という可能性が様々研究結果から報告されています。
認知症予備群にある人たちを、少しでも認知症にしないことや、認知症になることを遅らせることにつなげていくことが求められています。
その中で、生活スタイルを変えたり、訓練したりするということも、認知症の予防につながっていくのではないかとされています。
認知症になる前に最初に低下してくる機能があります。それは、エピソード記憶、注意分割、計画力などの部分です。これらの機能を、鍛えることによって、認知症の予防につながるのではないか、と考えられています。
posted by 認知症アドバイザー at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症の予防に効果的な果物摂取について

認知症の予防に効果的な果物摂取についてご紹介します。
認知症に関するさまざまな研究結果が報告されていますが、認知症の予防につながるような研究結果の中に、果物摂取についてのべられています。
いくつかのデータから、果物にはアルツハイマー予防に有効な、ビタミンC、Eや葉酸が、含まれていることから、科学的な根拠ははっきりとしていないが、漠然と果物摂取を、奨励するということがうかがえます。
また、食事の内容から見ると、アルツハイマー型認知症については、小食で好きなものばかり食べたり、お菓子などをよく食べたり、比較的、魚より肉を多く摂取する人に多いとされています。
posted by 認知症アドバイザー at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

会話が認知症予防に役立つ

認知症予防のためには、人との会話が重要です。
人と会話をする場合には、人の話を聞き、話し、内容を理解し、
判断するといった様々な注意力が必要とされます。
会話をすることで、これらの注意力を
鍛えることができるといわれています。
特に、数人での会話は、注意力の集中力と分散力の療法を
鍛えることができるため、認知症予防のために、
とても効果があるといわれます。
また、認知症になると精神面の不安定さもあらわれるなど、
認知症と精神面のかかわりもあるようです。
高齢者が人とのつながりを持ち、精神的な安心感を持つことは、
認知症予防にもつながるでしょう。
認知症予防には、人と話すことと同様、
言葉を使う日記も効果があります。
日記を付けることで、過去の経験を記憶し、思い出し、
日付の感覚も強化でき、認知症予防に拓立ち増す。
posted by 認知症アドバイザー at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症予防のために

認知症予防や早期発見のために、認知症のチェック法が作られています。
認知症チェック法で、チェックする内容には、物忘れが激しい、言葉が出てこない、注意力が足りない、段取りが悪い、などがあります。
また、認知症チェックで大切なことは、半年の間に前述の症状が進み、日常生活を送る上で支障があるなども、認知症であるかどうかをチェックできる目安となります。
そして、認知症予防のためのチェック法によって、認知症の不安があると思われる場合は、医療機関に相談に行く事が重要です。
また、高齢者の認知症を予防するためには、家族や地域とのつながりが重要だといわれています。
家族や周囲のひととのつながりは、記憶力、注意分割力、計画追行力といった認知症になりかけた時に衰える能力を鍛えることができるからです。
posted by 認知症アドバイザー at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防

認知症予防の考え方

認知症予防については、
生活環境を見直し日頃から取り組んで習慣化していくこと、
継続していくという考え方が大切だと思われます。
認知症は、遺伝的な要因で発症するものと、
食生活や運動習慣などの生活環境に結びついて
発症するものがあるという研究結果が数多く報告されています。
また、認知症にならないために認知機能を鍛えることによって、
脳の働きをを維持するのではないかという報告も出ています。
認知症になる可能性の高い人、つまり「認知症予備軍」は、
高齢者の2割から3割を占めていることが分かっています。
認知症予防の対象者の多さは、
行政や専門の医療機関だけでは対処できる数ではありません。
そのため、認知症についての知識や予防法など、
住民が学んで主体的に地域に広めていく活動が
必要だと思われます。
認知症の原因となる病気は、主にアルツハイマー病です。
アルツハイマー病の脳における要因は、
認知機能が低下し始める数十年前から始まっていると考えられ、
健康な人でも生活環境によってなる可能性も
ないとはいえません。
認知症予防には、生活環境だけでなく、
医療機関なども含めた予防法を
考えていくことが必要なのではないでしょうか。
posted by 認知症アドバイザー at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 予防
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。