若年性認知症の特徴

若年性認知症について、一般的な認知症との違いや、若年性認知症の特徴をいくつか紹介します。
一般的に認知症と聞くと、高齢者をイメージしますが、若年性認知症の場合、だいた40代から65歳未満の患者をさし、一番若い例で、42歳の患者が記録されているそうです。
30代の認知症の発症は今のところほとんどないといわれています。
若年性認知症は、一般的な認知症に比べて、うつ病などと間違えられることが多く、認知症の受診に慣れている医師の方が、しっかりと見てもらえる点を頭に入れておくとよいでしょう。
また若年性認知症の場合も、健康保険の適用が可能です。
一般的な認知症に比べて、年齢が若いこともあってか、病気の進行が早いとされています。
親や家系的に、アルツハイマーにかかっている人がいるということも、発症のリスクに少しは影響があるようです。
しかし、どういう人が、若年性認知症になるのかは、はっきりとした要素が挙げられてはいません。
日ごろから、ストレスを感じやすかったり、食生活、頭部の外傷など、あえて言えば、このような事柄が、若年性認知症の発症に関係すると予想されています。
posted by 認知症アドバイザー at 11:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 若年性認知症

若年性認知症についての勘違い

若年性認知症について勘違いをしている人も多いようです。
若年性認知症は、最近よく耳にするようになった病気のように思われがちですが、初めて若年性認知症が発見されたのは、100年前のドイツだったという記録が残っているようです。
また、認知症と関係の深いアルツハイマー病も、現在では、高齢者の病気という認識が強いですが、もともとは若年性の病気であり、脳が普通の状態ではないために起きる病気なのです。
現在では、高齢化社会となり、高齢者の認知症患者やアルツハイマー病が多く、高齢者の病気というイメージが強くなっていますが、もともとは、若年性の脳の病気だったのです。
若年性認知症は、アルツハイマー病だけでなく、脳梗塞、脳の外傷からの発症することがあります。
posted by 認知症アドバイザー at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 若年性認知症

若年性認知症の早期発見のポイント

若年性認知症を早く見つけるポイントについてです。
認知症には、治る可能性のあるものも中にはあるのです。
認知症を早期発見すれば、治療によって治ったり、いくらか症状を軽くすることもできるのです。
特に若年性認知症については年齢が若いだけに、治療したり、症状の悪化を遅らせることによって、本人や家族の心構えの時間を作ることもできます。
若年性認知症を含めた、認知症の早期発見のポイントについては、
今までできていたことができなくなった、今何時か、どこなのかなどの時間の感覚が不確かになったこと、記憶があやふやであること、やる気がでなくなったなどの症状が見られます。
特に若年性認知症の場合は、やる気が無くなったり、性格の変化が見られ、
暴力的になるなどの症状が見られます。
認知症が完治する方法というのは、なかなか難しいですが、病気の悪化を遅くすることは、
投薬などで可能となっています。
様子がおかしいと思ったら、早めに専門医と相談し、対応することが大切です。
そうすることで、早期発見によって治る可能性が見出され、メリットもたくさんでてくるはずです。
posted by 認知症アドバイザー at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 若年性認知症

若年性認知症の原因

若年性認知症の原因と言われているものは、
いくつかありますが、
原因と言われる病気は、大きく分けて三つあります。
一つ目は、アルツハイマー病で、
これは、脳が萎縮していく病気です。
二つ目は、ピック病です。
これも、アルツハイマーと同じく、
脳が萎縮していく病気です。
三つ目は、脳梗塞が多発する、多発性脳梗塞です。
この三つの原因が、若年性認知症の約9割を占めています。
忘れっぽくなってきたなという
ちょっとした変化が病気の始まりのようですが、
実際には、家族も本人も、
真剣に若年性認知症の疑いがあるとは、なかなか気付かず、
医者でさえも、認知症だと診断するのには、
時間がかかるようです。
物忘れ以外にも、
若年性認知症の早期発見のポイントとなるものがあるので、
物忘れや様子がおかしい時は、家族も本人も、
気を付けていくことが大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 若年性認知症

若年性認知症とは

若年性認知症とは、認知症疾患といわれる、
アルツハイマー病や脳血管型、前頭側頭型、頭部外傷、
などを18歳から64歳の間に発症したものを言います。
日本では、現在若年性認知症といわれる人たちが、
約4万人いると言われています。
若年性認知症の場合は、普通に言われている認知症に比べて、
体力面、経済面、支援施設の利用の仕方など、抱える問題が多いようです。
若年性の場合、ちょうど働き盛りの年代と重なっていることや、
体は元気であり体力があることから、暴力や徘徊などの問題も多く、
経済的にも家族の介護負担が重いという現実があります。
家族の負担を軽減するための、認知症患者の支援施設を利用していても、
若年性認知症の場合は、高齢者の多い施設に馴染めず、結局家庭での、
介護が中心となってしまうという現実もあります。
posted by 認知症アドバイザー at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 若年性認知症
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。