グループホームの歴史と認知症

グループホームの歴史認知症について紹介します。
グループホームは、スウェーデンが発祥地だと言われています。
ノーマライゼーション発祥の地でもあるスウェーデンでは、施設を排除し、障害者が地域で生活できるような運動が広まり、グループホームへと移行していったという歴史があります。
認知症患者をケアするためのグループホームとしては、1980年代に、民家で行われていたケアの場がはじまりのようです。
日本では、1990年代から少しずつグループホームが作られ、広がっていきました。
介護保険制度にも、在宅サービスとして、グループホームが位置づけられており、一般的な大型介護施設とは違う雰囲気とケアの環境を持つ施設として認識されています。
認知症のグループホームは、今までの施設では経験することのできなかった日常生活を、認知症患者にも味わってもらうということができるという点が、魅力のようです。
posted by 認知症アドバイザー at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 グループホーム

認知症グループホームについて

認知症グループホームについて考えたとき、どんなグループホームがあるのか、認知症患者を持つ家族は、調べたり探したりするでしょう。
どのような施設にお願いしたらよいのか、とても難しいことだと思います。
いろいろな認知症患者のための施設についてのホームページをみていると、認知症について、真剣に考え、認知症患者特有の生活の仕方に配慮した施設が、たくさんあります。
その中でも、認知症患者を受け入れるにあたって、日常生活について深く考えている、ということが強調されていることが多くあります。
認知症患者の日常生活については、病気や衛生面、健康状態についてもきめ細かい配慮が必要なため、10人以下の少人数のグループホームが良いといわれています。
少人数のグループホームでは、認知症患者にとって、一人で行うことが難しい調理や掃除などの日常の基本的な作業も、支援を受けながら、できるだけ自分の力で行うことが出来ます。
こういった認知症特有の症状に配慮し、日常生活の中のできることをできたという満足感を、持たせながら支援していくというグループホームが今後も増えていくことが望まれています。
posted by 認知症アドバイザー at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 グループホーム

認知症高齢者グループホーム

認知症高齢者のためのケア施設でるグループホームは、その施設によって、内容は異なってきますが、少人数でグループとなって、ケアを受けながら共に生活していく施設です。
生活の行動すべてをケアしてもらうということではなく、
認知症の高齢者も自分でできることは、自分でしていけるように、介護士に見守ってもらったり、支援してもらいながら、少しでも認知症の症状の進行を、おさえることができるようにと考えられています。
認知症の高齢者となると特に、人との交流が少なかったり、不安感を持っていたりということから、施設の中でも、家庭的な安心できる雰囲気の中で、ゆったりとした生活ができるようにグループホームでは気を配っているようです。
posted by 認知症アドバイザー at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 グループホーム

認知症患者のグループホームについて

認知症患者のグループホームについてです。
グループホームの役割は、大きく分けて2つあります。
1つ目は、病気の進行を緩やかにするために、一緒にリハビリしながら、
生活の中でケアしていくということです。
2つ目は、介護のいる認知症患者をグループホームに預けることによって、
家族の負担を軽減させるということです。
認知症グループホームでは、一方的にケアをしていくという形態をとらず、
認知症患者の方が、慣れ親しんで生活していける環境を作り出し、
心身の状態を穏やかにしていけるように考えられています。
認知症患者は、特に、不安感をもっており、記憶が失われていったり、
うまく作業ができないなどの症状があるので、グループホームでは、
家庭的な生活の雰囲気を大切に、認知症の進行を抑えていく努力をしています。
posted by 認知症アドバイザー at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 グループホーム

高齢化社会と認知症グループホーム

高齢化社会と認知症のグループホームについてです。
高齢化社会でのさまざまな問題がありますが、世界の中でも日本は、
急速に高齢化が進み、問題の解決に向けてたくさんの課題を抱えています。
特に、認知症患者の問題では、施設に預けるというだけでは、解決しきれない状態になっています。高齢者に対する施設はありますが、そこへ認知症患者を預けるとなると、患者にとっても、介護者にとっても大きな負担となり、他の患者との共生もストレスにつながっていきます。
こうした中で、認知症グループホームの取り組みが進んでいます。
一般的な高齢者利用施設とは、別に認知症患者に対するグループホームの取り組みが、期待されています。

posted by 認知症アドバイザー at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 グループホーム

ゴールドプラン21とグループホーム

厚生省が2000年度に策定した「今後5か年間の高齢者保健福祉施策の方向(ゴールドプラン21)」では、平成11年度の目標では0ヶ所であった痴呆対応型共同生活介護(痴呆性老人グループホーム)を16年度までに3,200ヶ所提供する事を目標としています。
また、ゴールドプラン21では、今後取り組むべき具体的施策として、痴呆性高齢者支援対策の推進をあげ「家庭的な環境で、少人数で共同生活を送る
痴呆対応型共同生活介護(グループホーム)の整備をはじめとして、痴呆性高齢者に対する介護サービスの充実を図るとともに、痴呆介護の質的な向上を目指す」と明記し、「痴呆性老人グループホームの整備」「痴呆介護の質的向上」等の事業を適切な実施に努力し、地方公共団体の自主事業を支援するとしています。
ただし、平成12年度から平成16年度までの5か年とされており、状況の変化に応じて適宜見直しとされています。
posted by 認知症アドバイザー at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 グループホーム

全国認知症グループホーム協会とは

全国認知症グループホーム協会は、グループホーム普及、事業の拡大や強化を目的とし、様々な支援活動を行っている団体です。
全国認知症グループホーム協会は、元は平成10年5月に全国痴呆性高齢者グループホーム連絡協議会として結成され、平成16年12月「痴呆」から「認知症」への用語の変更を受け、平成17年10月「全国認知症グループホーム協会」に改称しています。
全国認知症グループホーム協会の主な活動内容は「グループホーム設立および運営に関する支援」「グループホームにおけるケアサービスを向上させるための調査と研究」「グループホームの全国的ネットワークづくりと情報収集およびその提供」「グループホーム職員に対する各種研修」「グループホーム事業に対する理解を深め協力を得る啓発・広報活動」「機関誌および出版物の発行」「行政その他関係機関との連携、連絡、調整に関する事業」などです。
posted by 認知症アドバイザー at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 グループホーム
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。