突発性正常圧水頭症(INPH)の症状とパーキンソン病との比較

認知症症状があらわれる突発性正常圧水頭症(INPH)ですが、その症状の一番の特徴は、歩行障害にあります。
突発性正常圧水頭症(INPH)の歩行障害は、小刻みに歩行するパーキンソン病とよく似ていますが、パーキンソン病の場合には体が硬直しているため、体の動き全てにぎこちない様子が見られます。
そして、小刻みに歩く時の足幅も狭いのが特徴だといえるでしょう。
それに対して、突発性正常圧水頭症(INPH)の歩行障害では、確かに小刻みの歩行ではありますが、小刻みというよりはすり足歩行といった方が性格です。
パーキンソン病に比べて足幅は広く、足先が外側に向く開脚歩行での小刻み歩行です。
また、もうひとつの歩行の特徴として、片足を軸にして、コンパスが回転するように方向転換をするコンパス歩きも見られます。
この回転の動きは、パーキンソン病には見られないものだということです。
認知症の症状がある人のうち、以上の症状が見られる場合は、専門医での受診が必要です。
posted by 認知症アドバイザー at 10:53 | Comment(36) | TrackBack(0) | 認知症 症状

突発性正常圧水頭症(INPH)の症状と認知症との比較

突発性正常圧水頭症(INPH)の症状は、認知症の症状によく似ています。
しかし、その特徴をよく観察すると、認知症とは異なる症状だと気づくといいます。
突発性正常圧水頭症(INPH)の場合、注意力散漫で、呼ぶと一呼吸遅れて反応が返ってくるなど、ボーっとしていることが多くなるといわれています。
認知症の症状にありがちな自発性や意欲の低下も見られます。
しかし、認知症に見られるような全く身に覚えがなくなるほどの記憶障害は見られず、説明を聞いて思い出すことができます。
そして、認知症の人は体の動きがスムーズで、身のこなしが良いのですが、突発性正常圧水頭症(INPH)の人は、パーキンソン病と疑われるくらい、動きがスムーズにいかなくなります。
また、脳が圧迫され、前頭葉が障害を持つと、判断がうまくできなくなり、尿失禁などの症状もあらわれますが、これも認知症と間違われやすい原因だといえるでしょう。
しかし、認知症と突発性正常圧水頭症(INPH)は別の病気であり、治療可能な病気なのです。
posted by 認知症アドバイザー at 10:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 症状

認知症:突発性正常圧水頭症(INPH)は手術で症状が改善する

認知症症状があらわれる病気に、突発性正常圧水頭症(INPH)という病気があります。
この突発性正常圧水頭症(INPH)という病気にかかると、認知症の症状、尿失禁、歩行障害があらわれるようになります。
これまで突発性正常圧水頭症(iNPH)は、その他の認知症と区別されることがなく、根本的治療は行われてきませんでした。
しかし、最近、突発性正常圧水頭症(INPH)の原因が、脳内や周辺の脊髄に過度に溜まった脳脊髄液だとわかり、余分な脳脊髄液を手術で抜き取ることによって、認知症の症状を含む突発性正常圧水頭症(INPH)の症状が改善されるようになりました。
また、突発性正常圧水頭症(INPH)は、歩行障害から、パーキンソン病とも間違われることもありましたが、専門医に見てもらえば、突発性正常圧水頭症(INPH)とパーキンソン病は別の病気だとわかります。
認知症は治らない病気だからとあきらめず、突発性正常圧水頭症(INPH)の疑いを感じる場合には、医師に相談してみることが大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 症状

認知症に似た症状のウェルニッケ脳症

認知症の症状としてあらわれる見当識の障害、健忘症状、記銘力の障害などが現れる病気の一つに、ウェルニッケ脳症があります。
ウェルニッケ脳症は特別な病気ではなく、ビタミンB1の欠乏によって発症する病態です。
普通に日常生活を送って、きちんとした食生活をしていれば、過度なビタミンB1の欠乏になることはないのですが、まれに、妊娠中の女性がひどいつわりのために食事ができなくなった場合や、慢性的なアルコールの多飲のために十分な栄養を取らなかった場合、インスタント食品だけの偏った食生活を送った場合におきるといわれています。
飢餓状態にある国などでは、そういった病気にかかっている人たちも、いまだにいるようです。
ウェルニッケ脳症は認知症とは異なり、早期に発見し、ビタミンB1を投与することで回復できます。
特に、アルコールの多量飲酒によって発症することが多いといわれているため、アルコール依存症の疑いがある人が、酔っ払った状態意外で、見当識の障害、健忘症状、記銘力の障害が見られるようになったら、ウェルニッケ脳症を疑い、早期に診察を受けることを勧められています。
posted by 認知症アドバイザー at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 症状

アルツハイマー認知症に似た症状のクロイツフェルトヤコブ病

クロイツフェルトヤコブ病という病名は、狂牛病と呼ばれている牛海綿状脳症(BSE)の増加とともに、世間では広く知られるようになりましたが、その症状はアルツハイマー型認知症の症状に似ているといわれています。
クロイツフェルトヤコブ病に罹患する確率は100万人に一人の割合と、とても少なく、まれな病気です。
原因は、異常プリオン蛋白が脳内の中枢神経系に蓄積することだといわれており、遺伝性のものと、牛海綿状脳症(BSE)によるものが有ると考えられています。
クロイツフェルトヤコブ病もアルツハイマー型認知症も、脳が萎縮することで認知症の症状が進行するのですが、クロイツフェルトヤコブ病に罹患すると、潜伏期間は数年から10年とも言われる程長いのですが、発病すると、アルツハイマー型認知症とは比べ物にならない速さで進行していきます。
発病後、数ヶ月で痴呆症状があらわれ、急激に妄想などの症状が進行し、筋硬直なども見られるようになります。
その後は、起立歩行が不能になり、3ヶ月〜〜7ヶ月もたてば、無動性無言状態に陥るというほどです。
posted by 認知症アドバイザー at 11:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 症状

認知症の発見と症状

認知症発見症状についてです。
認知症を発見する時に、患者の出すサインがいくつかあります。
認知症の早期発見のためのサインには、大きく分けて3つの脳機能別のサインがあります。
認知症のサインとしての3つは、頭頂葉の衰え、前頭葉の衰え、海馬の衰えです。
頭頂葉では、読み書きや計算、図形の理解が困難になり、お金の勘定などを人任せにしたり、地図を見るのが苦手になったりします。
前頭葉では、計画力や判断、注意力が衰えるので、同じ服をよく着たり、外出の計画を自分で決めなかったり、といったことが増えるようです。
海馬では、記憶の衰えが見られるので、物忘れのせいで、言い訳が多くなったり、些細なことでもメモし、忘れることに不安を感じるということが見られるようになります。
認知症の症状として、早いうちからこのような症状を発見してあげることが、大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(1) | 認知症 症状

認知症の症状とスクリーニングテスト

スクリーニングテストとは、精神医学の分野で用いられる場合は、病気の疑いがあるかどうかを検査するものです。
特に、認知症の場合は、物忘れなどの症状の程度から、スクリーニングテストをして、認知症なのか、物忘れの段階なのかを選別するというものです。
しかし、このテストで、認知症かどうかをはっきり決めるというわけではないので注意が必要です。
認知症のスクリーニングテストには、いくつか種類もあり、専門的な知識を持つ人が行うものです。
単なる物忘れなのか、認知症と診断されるのかの目安となるのがスクリーニングテストなのです。
認知症の症状に似た症状の病気は、いくつかあるので、医師の診察や精密検査から、しっかり判断してもらうことが大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 症状

認知症の中のピック病の症状について

認知症の中のピック病について紹介します。
ピック病は、アルツハイマー病に比べて、まだ病名も症状もあまり知られていません。
ピック病は、初老期の認知症の代表的な病気であり、アルツハイマー病と同じく、原因不明の大脳の萎縮によるものです。
アルツハイマー病の場合は、病気についての研究が重ねられ、様々な解明がされていますが、ピック病の場合は、原因や解明の糸口となるものがほとんど見つけられていないという実状です。
平均発症年齢は49歳で、アルツハイマー病の3分の1以下の発症率です。
ピック病は、認知症の中でも初期症状としては、記憶や見当識、計算力は保たれるという特徴を持っています。
しかし、人格障害が激しく、周囲からはとても性格が変わったという印象を持たれるでしょう。
ひねくれたり、不真面目であったり、人を馬鹿にした態度であったり、本人には意識はなくても、人格が変わってしまうような症状をおこすようです。
posted by 認知症アドバイザー at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 症状

アルツハイマー認知症に似た症状のレビー小体病

アルツハイマー認知症に似た症状レビー小体病という認知症について紹介します。
レビー小体病は、物忘れがあり、アルツハイマー病に疑われることが多いものです。
認知症の中でも、アルツハイマー病に次いで多い病気となっています。
症状としては、幻視がとてもはっきりと見えるという特徴があり、実際そこには何もなくても、子供たちが遊んでいるといったリアルな幻視が見えたりするそうです。
その他の症状としては、パーキンソン症状といわれる、歩きにくい、動きが遅い、手足の動きが不自由になるなどもでてくるようです。
脳血流の検査では、視覚に関連の深い後頭葉の血流低下がみられたり、アルツハイマー病に似た、頭頂葉や側頭葉の血流低下もみられます。
レビー小体病の幻視をよく見るなど症状から、安易に神経遮断薬などを使用することは、かえって認知症やパーキンソン症状を悪化させることにつながるので、注意したいところだといわれています。
posted by 認知症アドバイザー at 14:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 症状

認知症の症状:記憶障害

認知症の症状には、いろいろなものがありますが、代表的なものとして、記憶障害があります。
認知症の症状である記憶障害の中にも、新しいことが覚えられなったり、少し前のことを忘れてしまったり、同じことを何回も質問するなどといった、短期記憶障害があります。
もう1つは、以前の記憶、例えば、自分の幼かった頃の出来事や歴史について思い出せない、といった長期記憶障害があります。
また、抽象能力や判断力の面でも障害がでてきます。
具体的には、ここは何をするところなのか、これはどういうものかといった、決まりきった内容を理解することもできなくなってきます。
美容院では髪をきる、といった当たり前のことも分からなくなるのです。
判断の障害としては、日常生活の中で手順よく作業ができにくくなり、こうなったらこうする、といった的確な判断と行動もできなくなります。
大脳資質の障害としては、失語症、失認症、失行症などがあり、言いたい言葉が、でてこなかったり、なかなかしゃべれなくなったり、視力はあるのに、そのもの自体を正しく認識できなくなったり、といった症状があらわれます。
posted by 認知症アドバイザー at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 症状

認知症の症状の中の周辺症状について

認知症の症状の中の周辺症状についてです。
周辺症状については、いくつかの問題行動があります。
その行動のほとんどに、介護する側には理解しがたいのですが、認知症患者にとっては、意味があり原因があるということをくみとっていかねばなりません。
例えば、妄想、幻覚、徘徊、昼夜逆転の睡眠、抑うつ状態、介護者への抵抗などがあります。
具体的には、妄想には、本当は起こっていないことについて、妄想する被害妄想や嫉妬妄想などが、多くなります。
お金をとられたとか、物がなくなったなどの妄想は、よく聞く事例です。
徘徊では、認知症患者本人は、行き先や目的を持って歩いているつもりでも、結局は、道が分からず、当ても無く歩き行方不明になることもあります。
また、睡眠障害では、昼夜逆転が起こりやすく、これは認知症の進行と共に悪化していくようです。
posted by 認知症アドバイザー at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 症状

認知症の症状の総称である認知症候群

認知症の症状の総称である認知症候群についてです。
認知症候群には、大きく分けて、中核障害症候群と周辺症状があります。
中核障害症候群には、記憶力の低下、見当意識の障害、理解、
判断力の低下などがあります。
記憶力の低下では、特に短期記憶といわれる一時的に覚えておくような記憶の力が、
最も低下しやすく、症状が悪化するにつれて、どんどん短期記憶力が低下し、
最新の情報を忘れてしまうようにな症状です。
見当意識の障害については、人、場所、日時などの理解や見当が
できにくくなっていくことです。
自分が誰なのか、この人は、誰なのか、なぜここにいるのか、
ここはどこか、家の中でも行きたい場所へ行くことができなくなったり、
時間の感覚も分からなくなってしまいます。
また、今話していたことも分からなくなってしまうという症状が、
認知症特有の症状であり、話していることや、伝えたことが、
理解できていなかったり、忘れてしまっていたりという症状があります。
posted by 認知症アドバイザー at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 症状

認知症の症状とボケの違い

認知症の症状とボケの違いについてです。
認知症とは、脳の働きの中で特に記憶や判断能力の低下など、
知的活動に支障をきたす場合など、病的な症状を言います。
しかし、ボケとは、一般的に高齢者など、年齢を重ね物忘れをすることが、
多くなった状態のことであり、生理的な症状と言ってよいでしょう。
人は、加齢に伴って、老化などの原因により物忘れをすることは、
だれにでもあることです。これは、決して病的な物忘れではないのです。
認知症の症状となると、普通の生活をする中で、
今までとは様子が違ってきたり、
今まですぐにできていたことが、できなくなったり、
場所が分からなくなってきたりといった状態にいたります。
本人にも周りの人にも、認知症の症状となると、
単なる物忘れとは違う状態が見られるので、
注意して専門医などに早めにかかることが大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 症状

認知症と間違いやすい仮性認知症の症状

認知症と間違いやすい仮性認知症の症状についてです。
認知症と同じような症状があっても、すべてが認知症とは限りません。
その中で、記憶障害がなかったり、とても軽度な場合は仮性認知症とされています。
仮性認知症にも、2つの分類に分けることができ、精神的心理的なストレスが原因である心因性精神疾患と、身体内部の異常などが原因とされてる、はっきりとした原因はつかみにくい内因性精神疾患とがあります。
前者の心因性精神疾患には、ノイローゼ状態のような長期のストレスなどがあります。
後者の内因性精神疾患には、精神分裂病やそううつ病などがあり、
認知症とよく間違われることがあります。
特に高齢者うつ病などの場合は、認知症と症状がよく似ている面があるため間違われやすいようです。
仮性認知症の場合、治療による改善が求められるので、認知症との違いをはっきりさせ、正しい診断してもらうことが必要です。
posted by 認知症アドバイザー at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 症状
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。