認知症患者にアニマルセラピーのケア

認知症患者アニマルセラピーを使ったケアが注目されています。
アニマルセラピーとは、広い意味をもっていますが、日本では、高齢化社会にともない、老人ホームへの訪問について、メディアで取り上げられ、アニマルセラピーが注目されたのです。
高齢者の中でも、認知症患者のケアに効果的というのは、動物の気持ちの良い毛並みを触った時の、感触や生き物と触れ合うという喜びや興奮などがあるからだといわれています。
認知症などの孤立しやすい高齢者にとって、動物とかかわることは、良い影響を与えるようです。
アニマルセラピーの報告の中に、動物をなでたことによって、最高血圧が10パーセント上昇するという、ことも明らかになっています。
posted by 認知症アドバイザー at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 認知症 ケア

認知症のケアと床ずれについてのラップ療法

認知症の床ずれのケアの方法として注目されているのが、ラップ療法です。
認知症の患者の中には、寝たきりの状態であったり、寝ている時間の多い患者もたくさんいます。
寝たきりになることで床ずれをおこすことも考えられます。
また認知症患者を在宅で介護している介護者も、高齢である場合、寝たきりの患者の寝返りをさせることも、
困難であり、床ずれを悪化させる原因となっています。
床ずれは医師に治療してもらったり、在宅でのケアとして軟膏を塗ったりということができます。
その中で、ラップ療法は、患部を水で洗い、ラップを貼り付けてケアするものです。
在宅でも手軽にでき、治療費も抑えられるので、
頻繁に床ずれを起こすと考えられる寝たきりや認知症患者などのケアに使用できると、
考えられています。
ただ、医師の間などでは、ケアの方法に注意しないとかえって患部を悪化させることもあるとして、
あまり奨励していないということです。
posted by 認知症アドバイザー at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

アルツハイマー型認知症のケアと多発梗塞型認知症のケアについて

アルツハイマー型認知症のケアと多発梗塞型認知症のケアについての紹介です。
認知症のケアといっても、認知症のタイプによって、ケアのポイントや、ケアについての注意点も異なっています。
大きく分けてみると、アルツハイマー型認知症の場合には、分類ケアというケアの形態が、合っていて、アルツハイマー型認知症によく見られる虚構の世界でケアすることが、大切です。
アルツハイマー型認知症の患者を現実の世界へ引き戻そうとすると、かえって不安な状態にさせることになるので、ケアする側も患者の独特の世界を、よく知ることが必要です。
多発梗塞型認知症の場合は、反対に現実の理屈の世界でのケアをしてくのがいいでしょう。
認知症ではない人たちと共に現実的に生活することで認知症の進行を抑えることもできる、と考えられています。
posted by 認知症アドバイザー at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症の種類で異なるケアのポイントについて

認知症の種類で異なるケアのポイントについてです。
認知症には大きく分けて、多発梗塞型認知症とアルツハイマー型認知症とに分けれることができます。
それと同時に、認知症の種類によって、ケアのポイントも異なっているということもいえるようです。
例えば、多発梗塞型認知症の場合は、個室で静かに過ごしたり、自分のペースにあった生活をしたり、気の合った人とのかかわりの中で日々を送ることが良いようです。
反対に、アルツハイマー型認知症の場合は、大勢でにぎやかに過ごしたり、個別の対応より、グループで行動したり、誰かと一緒に何かをする方がうまくいくことが多いようです。
認知症患者のケアの基本にあるものは、同じかもしれませんが、ちょっとしたケアのポイントとして、気に留めておくと役に立つことがあるはずです。
posted by 認知症アドバイザー at 16:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症の在宅ケア

認知症在宅でのケアについて考えてみましょう。
在宅で認知症患者を抱えている場合のサービスの代表的なものには、在宅でヘルパーを利用する方法、ショートステイといわれる短期入所施設の利用、デイサービスセンターの利用などがあります。
どのようなケアの方法があるのか、どのようなサービスがあるのか、また、認知症などの要介護度によって受けることの可能なサービスや介護保険のことについては、市町村の役場や、社会福祉協議会など、福祉サービスの窓口で教えてもらうことができます。
また、わざわざ市町村窓口まで行かなくても、ケアマネージャーなどを通して、在宅でのサービスなどのプランを知ることができます。
認知症の高齢者介護では、思いもよらない困難が生じたりして、がんばって介護をする人ほど、介護する側に疲労やストレスが蓄積することがあります。
在宅での認知症高齢者のケアを行う場合は、困ったことや、悩みなどを家族だけで抱え込まず、介護保険や公的な情報を得たり、支援センターなどに相談することが大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症のケアと食事

認知症の進行によって、様々ですが、食事に対する欲求は、認知症になっていてもしっかりとあります。
何回も、食べるということのほうがよくあるようですが、認知症患者が食べないというときは、すでに食事を済ませたと思い込んでいたり、精神的な落ち込みや体調や歯の調子などによることも、あるので、長時間食事をしないようであれば注意してケアしていくことが必要です。
認知症患者の中には、食べることだけが楽しみである場合も多くあります。
しかし、認知症以外にも患者に病気がある場合など、食事の内容や量にも気をつけてケアしなければなりません。
そのため、盛り付けに工夫をしたり、認知症患者の好きなものを用意したり、食事を少しずつ数回に分けるなどの工夫も必要です。
認知症患者の満足のいくような食事のとり方を考えることもケアの一つです。
posted by 認知症アドバイザー at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症のケアとリクリエーション療法のポイント

認知症のケアリクリエーション療法ポイントについて紹介します。
リクリエーション療法は、認知症患者に楽しいとか嬉しいという良い感情を引き出してくれます。
しかし、ただリクリエーションを取り入れるだけでなく、しっかりとポイントをおさえた、ケアの仕方をすると、さらに効果的になります。
回想療法や音楽療法、学習療法といった認知症の予防のために行われている療法があります。
これらの療法から、認知症患者のケアに必要なポイントとして3つが挙げられています。
創造的なこと、手足を使うこと、楽しいと感じること、という3つです。
認知症患者のケアについて、リクリエーション療法を使う時には、この3つのポイントを考えていくといいようです。
posted by 認知症アドバイザー at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症のケアとレクリエーション療法

認知症のケアレクリエーション療法について紹介します。
認知症のケアは、様々な角度から様々な方法で行われていますが、レクリエーション療法のように名前が付けられているものもいくつかあります。
レクリエーション療法とは、文字通り、パズルをしたり、ゲームをしたりすることを、中心に脳の活性化を図り、認知症の予防を目的とするものです。
パズルやゲームをするくらいなら、療法と言わないのでは、という思いもあるかもしれませんが、認知症患者にとってのケアは、楽しいとか、嬉しいといった感情を持たせるものが、効果的ということがあります。
そのため、認知症患者のケアには、レクリエーション療法のような、楽しくて長く続けられるケアが、合っているといえます。
またレクリエーション療法そのものが、認知症患者の楽しい嬉しいという良い感情を引き出し、自然と日々の中で周りの人とのかかわりを生んだり、会話を生むきっかけになっていくのです。
posted by 認知症アドバイザー at 19:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症のケアとバリデーション療法の実際

認知症のケアバリデーション療法の実際について紹介します。
認知症のケア施設などで、バリデーション療法についての様々な取り組みがされています。
アメリカ生まれのバリデーション療法は、日本でも注目を集めていて、認知症の患者の行動をしっかりと受けとめて、コミュニケーションをとっていくということに力を入れているようです。
バリデーションには認めるという意味があり、認知症患者を、まずはありのまま受けとめていくということが基本となっています。
認知症患者のケアにおいて、ありのままをすべて受け入れるということは、一番大切なことであって、とても難しいことでもあります。
この受けとめるということを、バリデーション療法の中では、テクニックとして教えたり、示したりしてあるので、介護者もバリデーションの基本をもとに、ケアにあたることができるようになっていきます。
今まで認知症患者の問題行動とされていた異食や徘徊も、ただ問題があるとして対応するだけでなく、認知症患者の行動には意味があるのだという思いをもってケアしていくことが大切です。
今まで問題として処理されていた認知症患者の行動が、その行動すべてを受けとめていくことで、認知症患者の納得のいく解決の仕方になり、問題行動の改善にもつながるのだそうです。
posted by 認知症アドバイザー at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症のケアと主なバリデーション療法について

認知症のケアと主なバリデーション療法について紹介します。
様々なバリデーション療法がありますが、具体的に見てみると、14のポイントがあるようです。
バリデーションの基本としては、認知症の患者の思いや行動を受けとめて認めるということにあるので、そこに関連したケアの方法といえるでしょう。
例えば、アイコンタクトをしっかりする、認知症患者の言ったことを繰り返し声に出して言うという、リフレージングをする、手や背中をさすったりといったタッチングをする、などのかかわりをしっかりすることが大切です。
その他に、認知症患者の好きな表現方法を用いたり、思い出話をしたり、話しかけはゆっくりと低い声で話すなどの工夫も必要です。
バリデーション療法では、関わり方の具体的な方法を示し、ケアに活用できるようになっています。
posted by 認知症アドバイザー at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症のケアのセンター方式シートの分類

認知症のケアに活用されているセンター方式シートについて紹介します。
認知症のケアに活用されるために、開発された、センター方式ですが、認知症患者本人や、家族を中心とした周辺の介護者のために考えられたものです。
センター方式シートには、大きく4つの分類があります。
1つ目は、基本情報、2つ目は暮らしの情報、3つ目は心身の情報、4つ目は焦点情報です。
この4つの分類得られる情報と、24時間アセスメントまとめシートとがあり、合計で5つのシートで構成されています。
それぞれの領域のなかでも、いつくかの項目別に書き込むようになっており、認知症患者の周辺の家族や介護者など、その人たちのケアの仕方に合わせて、記入したり、記入しにくかったら、専門家に相談しセンター方式のシートの項目について、話をしたり、といったことにも利用されてるようです。
posted by 認知症アドバイザー at 14:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

センター方式という認知症のケアについて

認知症ケアセンター方式とは、正式名称は「認知症の人のためのケアマネジメントセンター方式」といいます。
認知症の患者が在宅でも施設や病院にいても、いつでも同じように、家族や専門の介護者に共通の方法でケアしてもらえることが、できるようにしたいという思いを実現するために作られたものです。
センター方式のシートがあり、特に、ケアマネージャーを中心として、認知症患者本人や家族の思いやケアのアイディアを取り入れていきます。
皆で一緒に考え、ケアのよりよい方法を探っていくための1つとして、センター方式があります。
認知症のケアのためのセンター方式は、シートに記入するということが最大の目的ではなく、
シートの記入をしながら、ケアに活かせる部分を見つけ出すことがねらいだということです。
posted by 認知症アドバイザー at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症のケア:バリデーション療法

認知症患者に、どのように接していけばよいのかという問題の1つ解決策として、バリデーション療法を参考にするというケア方法があります。
バリデーション療法とは、アメリカのソーシャルワーカー、ナオミ・フェイルさんが開発した、認知症患者とのコミュニケーションをとりながらケアしていくといった療法です。
バリデーションという言葉は、本来の意味とは少し違う、「経験や感情を認め、共感し、力づける」という意味合いで用いられています。
バリデーション療法の特徴としては、認知症患者の問題行動の1つ1つ、例えば人を非難したり、物を盗んだなどと騒いだりという行為にも意味があるとして捉え、どうして問題行動を起こしてしまうのかということを考え、認知症患者に共感して接していくということを基本に進めていくケアの方法です。
日本でも、認知症のケアにバリデーション療法を取り入れているところも増えているようです。



posted by 認知症アドバイザー at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症の治療とケアとの皮肉な関係

厚生労働省の発表から、介護を必要とする要介護・要支援のいる人たちの中の約半数が、症状に差があるとはいえ、何らかの認知症の症状を持っているということが明らかになっています。
認知症の進行経過は、4〜8年といわれてきましたが、この数年のさまざまな治療法のお陰で6〜8年と伸びてきました。
しかし、生命が延びた反面、認知症の要介護者は増え続け、介護者の負担が増えるという、皮肉な関係がうまれているのです。
近年、認知症のために介護を必要となった人たちが増加し、介護者のケアの方法も、身体的な介護よりも認知症に関することに重点を置いてきています。
認知症のケアは、体力的にも、精神的にも、負担が大きく大変です。
老人性の認知症の中でも、アルツハイマーは60万人を越えるといわれ、この皮肉な関係の克服に向け、早急な対策が要望されています。
posted by 認知症アドバイザー at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症患者のケアの注意点:身だしなみ

認知症患者ケアにおける注意点はいろいろありますが、その中のひとつ、身だしなみについての話です。
認知症患者の中には、自分で身だしなみなどをきちんと整えて、
外出することができる場合とそうでない場合があります。
特に高齢になってからの認知症患者の場合は、なかなか自分で、
積極的に身だしなみを整えて外出するという機会も少なくなるでしょう。
寝間着とお出かけ用の服の区別をつけてあげたり、服を着る順に並べたり、ボタン、ファスナーなど部分の手助けなどをしながら、認知症患者に分かりやすく、支援してあげるのが良いでしょう。
また、爪きり、ひげそり、頭髪を整えるなどは、介護者などが声をかけたり、手入れしてあげたりすることが必要です。爪切りやひげそりなどは定期的にケアしてあげるのが良いでしょう。
女性の場合なら、お化粧をするなど、おしゃれと精神的な意欲との関係も、考えてケアしてあげると良いようです。
posted by 認知症アドバイザー at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

ダイバージョナルセラピーという認知症のケア

ダイバージョナルセラピーという認知症のケアが注目されています。
ダイバージョナルセラピーとは、直訳すると、“気晴らし療法”となります。
介護福祉の先進国でさるオーストラリアでは、20年まえ頃から
日常生活や介護の中に、レクリエーションや創作活動などを取り入れられており、認知症だけでなく、高齢者で介護を必要とする人達に、自立と活気ある生活を取り戻す効果を発揮しています。
気晴らし療法というだけあって、高齢者のレクリエーションをしたり、何かを作ったりといった、創作活動などを、ひとりひとりのライフスタイルに合わせてプログラムされており、身体機能が低下しても、その人の可能性を見出して生活を楽しむことを取り入れたケアです。
日本でも、ダイバージョナルセラピーをつかった認知症のケアを行う介護センターや企業が多くあり、広まってきています。
posted by 認知症アドバイザー at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

在宅介護と認知症患者のケアについて

在宅介護と認知症患者のケアについてです。
認知症患者のケアは、軽度のものから重度のものまで様々あり、
また24時間なにが起きるか分からないという不安、また予想外の問題もあるために、介護する側にとっての負担は大きいものです。
しかし、認知症患者を抱えている家庭では、家庭でケアしてやらなければとか、無理してでもここで介護してやらなければ、また、家族がケアすることが義務である、といった考えから在宅介護を選択しているという場合がよくあります。
特に、日本人の昔からの考え方や風習から、施設に預けることはどちらかと言うと、マイナスのイメージにとらえられがちだからです。
家族などの身近な人にケアしてもらう認知症患者は幸せかもしれませんが、認知症患者と介護者の関係がよくなければ、身近な関係であっても、かえってマイナスの関係になることもあるのです。
在宅介護をすることは、もちろん大切なことでありますが、認知症患者と介護者のどちらにとっても良い影響を持つ方法で介護していくことが、大切です。
posted by 認知症アドバイザー at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症とケアの関係

認知症とケアの関係についてです。
認知症の治療には、現在決定的な方法というものが少ないと言われています。
そこで、認知症患者に対する、ケアも重要な治療の1つとなっていくのです。
認知症では、薬物治療や、デイケア、デイサービスなどを通したり、通院などを通して、
様々な専門のケアを受けることができます。
しかし、一番身近にいる介護者のケアが、時間的に見ても、認知症患者にとっても、
よい治療となっていると思われます。
認知症の症状にある、記憶障害などのケアは、介護者にはとても疲れやストレスになる
ことですが、患者にとっては、身近にいる介護者にその都度ケアしてもらうことによって、
安心感を持つことができ、認知症の症状の進行を少しでも和らげることができると、
言えるでしょう。
posted by 認知症アドバイザー at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症とデイケアについて

デイケアにも、様々な形態があるようですが、中には、認知症患者専門のデイケアもあります。
認知症患者専門のデイケアは、在宅で生活している認知症患者や介護者のためのものです。
一般的なデイケアと同じように、入浴、食事などをはじめとする生活の援助や介助をしたり、認知症患者の要介護度や体力や体調などに合わせ、脳活性化訓練、レクリェーション活動、グループワーク活動、作業療法など様々な訓練や治療が組み込まれています。
認知症専門士が配属されていたり、認知症に詳しいスタッフをそろえるなどの配慮がなされているデイケアとなっています。
大抵は、平日朝から夕方まであり、専用車での自宅送迎もついています。
posted by 認知症アドバイザー at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア

認知症に大切とされている「パーソン・センタード・ケア」

認知症ケアの仕方について、様々な方法が提案されています。
中でも、注目を集めているのが、「パーソン・センタード・ケア」という考え方です。
認知症患者の人権を尊重し、その人を大切に思い、その人らしさ、その人を中心に考えたケアを進めていくというものです。
認知症と一まとめに言っても、どのような経緯で認知症になったのか、認知症特有の症状にも、患者によっていろいろな意味を持っているということを、受けとめながらのケアが必要だということです。
例えば、徘徊にしても、その患者によって徘徊の持つ意味が違い、一方は、知人を探し歩いている場合、他方は、道に迷ってしまった場合などがあり、
そのたびに、ケアの方法や対応の仕方を変えていかなくてはならないということです。
それぞれの認知症患者にあった環境作りとケアが必要だということです。
posted by 認知症アドバイザー at 14:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 ケア
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。