認知症予防のゲーム:あいうえおカード

認知症の予防のゲームとして、脳の活性化を促す、あいうえおカードというのがあります。
あいうえおカードは、50音が書かれたカードで、トランプのように、7並べをしたり、神経衰弱をしたりという使い方をします。
トランプでの7並べをあいうえおのカードを使って行う場合、7の代わりにな行を並べておき、その左右のカードを順番に並べていくというように行います。
相手のカードを推理したり、作戦を練ることで、左脳と前頭葉を活性化することが出来るとされています。
神経衰弱ゲームでは、カードを裏返しにしておき、自分の番になったら、カードを何枚か表にし、何かの言葉になれば取れるというやり方があります。
カードの場所を覚えておいたり、言葉を作ったりすることで、右脳と左脳を、活性化することができるようです。
お孫さんがいれば、一緒にやることで、高齢者にはさらに嬉しく、楽しめるものになるのではないでしょうか。
posted by 認知症アドバイザー at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症予防 ゲーム

認知症の予防とレクリエーションゲーム:歌唱カルタ

高齢者の認知症予防に、レクリエーションゲームが有効であると考えられるようになってから、様々なゲームが考えられるようになってきています。
その中のひとつが歌唱カルタです。
歌唱カルタは読み札を読まれるのを聞く代わりに、CDから流れてくるメロディーと聞き取ります。
そのメロディーを聴き、歌詞を思い出し、そのメロディにあった情景と歌いだしの頭文字が描かれているカルタを探しだすというものです。
メロディーから歌詞を思い出すということから、脳の活性化に効果的が期待できるといわれています。
また高齢者や認知症の患者に使いやすいように、カルタの大きさや持ちやすさ、文字の大きさにも配慮がなされています。
posted by 認知症アドバイザー at 10:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症予防 ゲーム

認知症予防とレクリエーションゲーム:輪投げ

認知症の予防輪投げゲームも効果的なレクリエーションゲームのひとつであるといわれています。
高齢者のレクリエーションには、体を動かすゲームや体を動かさなくても手軽にできるゲームなどさまざまなものがあります。
レクリエーションを通して、脳の活性化をうながし、そのことが認知症の予防に、つながっていくと考えられています。
そのひとつである輪投げのゲームは、少し体を動かしますが、基本的に座ってのゲームです。
上半身は輪を投げるのに動かたり、輪を投げるまでの緊張感を味わったり、輪が入った時の喜びや、回りの人たちとのかかわりなどを得ることができます。
また、2組に分かれて得点を競うなど、どちらが勝つかというドキドキ感や、最後に得点の計算をしたり、勝ち負けの感動を味わうこともできます。
輪投げは、心を動かし、体も使ってできるレクリエーションゲームとして、認知症の予防に効果的だといえます。
posted by 認知症アドバイザー at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症予防 ゲーム

認知症予防とレクリエーションゲーム:じゃんけん将棋

認知症予防や脳の活性化に効果のある高齢者リクリエーションですが、その一つとして、
らくらくじゃんけん将棋というレクリエーションゲームをご紹介しましょう。
高齢者に親しみやすいとされる将棋を使うことと、使いやすいように字の大きさや持ちやすさなど、工夫されているようです。
やり方は、2人で対戦し、将棋の駒にグー、チョキ、パーの3つ野江が描かれており、将棋のやり方の要領で、じゃんけんで勝てる駒を相手の駒に重ねると相手の駒をとることができるというものです。
レクリエーションゲームには、体あまり動かさなくてもできるゲームがたくさんあるようです。
このような将棋のゲームは、相手の考えを推理したり、作戦を立てることで、脳の活性化につながり、認知症の予防にもつながっていくと考えられます。
posted by 認知症アドバイザー at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症予防 ゲーム

認知症の予防と高齢者のリクリエーションゲーム

高齢者のレクリエーションは、認知症の予防と関連して、脳の活性化に大切な手足のリハビリも、楽しく行うことが可能です。
高齢者のレクリエーションは、高齢者の人口増加と生活様式の変化にともなって、様々な変化と影響を与えています。
団塊の世代のセカンドライフが始まる数年後から、さらに高齢者レクリエーションの、需要と形態の変化が見られると思われます。
その中でも注目されているのが、レクリエーションゲームです。
このレクリエーションゲームは、軽いリズミックやボールのやり取り、高齢者の馴染みのある将棋やお手玉、おはじきといったものを使用したゲームです。
いくつになっても、ゲームは人を夢中にさせ、楽しませてくれます。
レクリエーションゲームを通して、生き生きとした生活を送ることができたり、手・足の運動となり、心のレハビリとしての活用法もあります。
認知症の予防のためにレクリエーションをしたり、レクリエーションに参加することで、人との交流をはかり、孤独から抜け出し、楽しい日々を送ることもできるはずです。
posted by 認知症アドバイザー at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症予防 ゲーム
デジタルビデオ ビデオ撮影
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。